私のムダ毛体験記

健康的な女性
私は毛が濃い事に昔からに悩んでいます。

毛が濃いと意識したのは小学3年生ぐらい時からです。

眉毛がくっきりしているのが嫌で、同級生の男子にからかわれたり、鼻の下の産毛をみて「髭がはえてる」と言われたケースはショックでした。

その時から毛が濃い自分の体に嫌気がさすようになりました。

高学年になるとしょっちゅう無駄毛を処理するようになりました。

剃りすぎると濃くなると言う話はありますが、恥ずかしくて剃らずにはいられませんでした。

そのようにこまめに無駄毛を気にしながら大学生になったケースに、自らの脚がぶつぶつとしてきたなぁという事に気づき始めました。

どうやら無駄毛を処理し続けた事で、埋没毛ができ、肌への刺激で炎症をおこしてしまったようでした。

私の体質的な問題もあったようですが、これ以上ひどくなりたくないと無駄毛の処理をやめるようになりました。

冬場は長袖長ズボンなので少々の必要ない毛は気にせず隠していました。

真夏は露出が増えるので、人の目に見える腕などは頻繁に処理したり、カーディガンなどを着て隠すようにしました。

脚はなるべく出さないで、長ズボンをはいたり、トレンカをはいて短いショーツを履いたりして対処してきました。

私は執拗に毛を意識し、処理をしすぎて結局肌まで負担をかけてしまいました。

現在はなるべく出さないようにすることで無駄毛を気にしないようにしていますが、やがて毛の事なんて気にせずに生きていけるよう、脱毛サロンなどで、永久脱毛する事が今の目標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です