私のムダ毛体験記

健康的な女性
私は毛が濃い事に昔からに悩んでいます。

毛が濃いと意識したのは小学3年生ぐらい時からです。

眉毛がくっきりしているのが嫌で、同級生の男子にからかわれたり、鼻の下の産毛をみて「髭がはえてる」と言われたケースはショックでした。

その時から毛が濃い自分の体に嫌気がさすようになりました。

高学年になるとしょっちゅう無駄毛を処理するようになりました。

剃りすぎると濃くなると言う話はありますが、恥ずかしくて剃らずにはいられませんでした。

そのようにこまめに無駄毛を気にしながら大学生になったケースに、自らの脚がぶつぶつとしてきたなぁという事に気づき始めました。

どうやら無駄毛を処理し続けた事で、埋没毛ができ、肌への刺激で炎症をおこしてしまったようでした。

私の体質的な問題もあったようですが、これ以上ひどくなりたくないと無駄毛の処理をやめるようになりました。

冬場は長袖長ズボンなので少々の必要ない毛は気にせず隠していました。

真夏は露出が増えるので、人の目に見える腕などは頻繁に処理したり、カーディガンなどを着て隠すようにしました。

脚はなるべく出さないで、長ズボンをはいたり、トレンカをはいて短いショーツを履いたりして対処してきました。

私は執拗に毛を意識し、処理をしすぎて結局肌まで負担をかけてしまいました。

現在はなるべく出さないようにすることで無駄毛を気にしないようにしていますが、やがて毛の事なんて気にせずに生きていけるよう、脱毛サロンなどで、永久脱毛する事が今の目標です。

チクチクするのが不快で仕方ない

私は心配性な性格で、よくVラインの脱毛を処理していたのです。

すべて自己流で処理していたので、肌も良く真っ赤になっていました。

何度かVラインを処理していたら肌に痒みや痛さを感じる事が増大したのです。

これは良くないんじゃないかと考えました。

なおVラインの処理後はいいのですが、処理してしばらくすると必要ない毛が生えてくるケースにチクチクして痛いのです。

生えてきた必要ない毛が何となくチクチクしてすごく心配になりました。

これが嫌だったので脱毛をしたのです。

脱毛をするケースは相当恥ずかしかったです。

特製の下着を装着してやったので、完璧に下が見られるわけじゃなかったけど、下着のようなのをズラして脱毛されたので、とにもかくにも気恥ずかしい心境はしました。

でもその羞恥心を我慢して我慢して脱毛をしたのです。

そうして脱毛が良い調子で進んでいます。

脱毛をする事例に脱毛する羞恥心と脱毛しないイライラを天秤にかけて問題ました。

しかも脱毛をする方をチョイスしてだのです。

それで私は間違っていなかったと考えます。

Vライン脱毛は対比的に安かったですし、チクチクしたり苦しみを感じる事がなくなって大変心地よいです。

脱毛をするとなんとなく必要ない毛の処理をしなくて良くなってハッピーなです。

Vラインの必要ない毛はこの感じで最後まで充分に脱毛したいと考えます。

Vラインの脱毛は私に明らかに良い成果を与えてくれました。

現在私はVラインの必要ない毛の処理をほぼしていなくって、楽だと感じます。

ムダ毛について考える女性

美容に乾燥はNG

保湿する女性
冷たいこの季節に乾かすはつきものですよね。

美容に乾かすは大敵だと考えます!私は花粉症もあるので、特に乾かすは大敵なんです!お肌が乾かすしていると花粉もつきやすくて症状が出やすくなってしまうそうです。

花粉症でなくても美容に乾かすは大敵ですよね!保湿は一年中充分に行うのが重要。

定期的のケアが透明感漂うに繋がると考えます。

私は初めに洗顔から再考てみました。

スクラブにはまっていましたが、なんとなく取りすぎもNG!初めにジェル状のメイク落としで優しくメイクを洗い流して。

その後洗顔料を充分にとあわ立てて、優しく顔を包むように洗います。

スキンケアは、忙しくてもわずか時をかけてあげるのが見所。

どんなに忙しくても、その時は自身に大事、と言い聞かせて、わずか時をかけてあげましょう。

初めに化粧水。

適量を手になじませて、30秒手で押さえてあげます。

その後乳液は不可欠です。

化粧水で潤したお肌を充分に閉じ込めてあげてください。

その後ナイトクリームをカラーリング込んであげます。

シワやしみ、乾かすがきになるところがあれば、2回に区分て塗布込んであげると次の日影響も出やすいです。

いつも忙しく過ごしていると、必然的にお手入れが手間なくになりがち。

でも、この時だけは自らに価値があるだと言い聞かせてちょっと時をかけています。

昔より肌色も明るくなったし、化粧ノリも良くなったので、時はかかっても自身が定期的楽しくなったと考えます。

脱毛サロンの解約について

脱毛サロンに通う女性
脱毛サロンの契約をした後には、どこかに移り変わりが生じる事例があります。

引越しなどの訳で、やむを得ずキャンセルにならざるを得ない事もあるのです。

一例を挙げればある時までは、千葉県などのサロンで施術を受けていたとします。

ところが何か事情があって、大阪地域などに引っ越しをする事も大いに考慮しられる訳です。

それで問題は、引っ越し先にショップが無い時です。

全国チェーン展開しているショップなら話は別ですが、千葉県限定のサロンも中にはあるでしょう。

かくの如きショップですと、心残りながら取り止めせざるを得ない時があります。

他にもキャンセルの所以は、たくさんと考慮しられるでしょう。

ところで脱毛サロンでは、やっぱりキャンセル自体はできるかと言うと、一応はキャンセルする事はできます。

とはいっても料金が現れてするパターンが大変多々あるので、配慮が不可欠です。

どれ位になるかもサロン次第ですが、大抵は契約金の数割位のキャンセル料金がかかります。

ですから10万円の契約をしていた時に、キャンセル料が20%というルールのケース、2万円は支払う事になるのです。

この20%というところは、各々の店舗によって異なってきますから、サロンを選り抜く水準の1つにはなるでしょう。

しかし中には異例的なショップもあります。

卒なく回数のすり合わせができた時などは、キャンセル料がゼロ%になるパターンもあるのです。

そのようなショップの数は少ないですが、一応はキャンセル金をゼロ円に可能なパターンもある訳です。

ですが、とどのつまり取り止めをしないのが最上です。

できるだけキャンセルをせずに済む店舗を選りすぐるのが良いでしょう。